So-net無料ブログ作成
検索選択

太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電一括見積もり。保険加入の施工販売店を厳選紹介!




↑ 通販検索

太陽光発電 確定申告 [太陽光発電 確定申告]

太陽光発電で電気を売って利益が出た場合、雑所得となります。

ですので、年間で20万を超えた場合確定申告が必要になります。

ただし、経費を差し引いた額が20万を超えた場合です。

太陽光発電での売り上げから経費を引くと、ほとんどの場合、20万に届かないようです。

嬉しいような悲しいような。


太陽光発電のシステムの購入費用は経費に含めることができます。

太陽光発電の耐用年数に対する償却率から一年あたりの経費を割り出します。
(太陽光発電の耐用年数は一般的に17年です)


ただ、購入費用をすべて経費にすることは出来ません。

自分たちの家庭で使うものは経費とはみなされません。

そのため、発電で生み出される電気の内どのくらい売電しているか見る必要があります。

これを按分率といいます。

発電した電気を半分家庭で使い、半分売ったなら按分率は0.5となります。

按分率が0.5ならば0.5を掛けます。


こんな感じの式になります。

経費=システム購入費用×償却率(耐用年数で決まる)×按分率


経費は他にも、維持費(検査・点検など)や保険なども含めることが出来ます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

SEO対策テンプレート 太陽光発電HOMEへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。