So-net無料ブログ作成

太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電一括見積もり。保険加入の施工販売店を厳選紹介!




↑ 通販検索
-| 2013年04月 |2013年05月 ブログトップ
前の5件 | -

太陽光発電 買い取り価格 [太陽光発電 買い取り価格]

太陽光発電の買取制度とは、太陽光発電で余剰発電した電気を、国が定める

固定価格で電力会社が一定期間買い取ってくれる制度です。

買い取り価格は、申し込みを行った年の買い取り価格によって決まります。

ですので、申し込みのタイミングというのも大切です。

申し込んだときの価格で10~20年買い取ってくれます。

買い取り価格は一度は値上がりしましたが、その後年々値下がりし、

2013年度は、10kW未満のシステムで38円/kWh、10kW以上のシステムで

37.8円/kWh(税込)となっています。


経済産業省によると、値下がりの原因は太陽光発電のシステム単価の下落にあるとしています。

システム単価が年々下落傾向にありますので、買い取り価格も今後も下がると考えられます。


太陽光発電を導入するなら、タイミングを見極めて導入したいものですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

太陽光発電 確定申告 [太陽光発電 確定申告]

太陽光発電で電気を売って利益が出た場合、雑所得となります。

ですので、年間で20万を超えた場合確定申告が必要になります。

ただし、経費を差し引いた額が20万を超えた場合です。

太陽光発電での売り上げから経費を引くと、ほとんどの場合、20万に届かないようです。

嬉しいような悲しいような。


太陽光発電のシステムの購入費用は経費に含めることができます。

太陽光発電の耐用年数に対する償却率から一年あたりの経費を割り出します。
(太陽光発電の耐用年数は一般的に17年です)


ただ、購入費用をすべて経費にすることは出来ません。

自分たちの家庭で使うものは経費とはみなされません。

そのため、発電で生み出される電気の内どのくらい売電しているか見る必要があります。

これを按分率といいます。

発電した電気を半分家庭で使い、半分売ったなら按分率は0.5となります。

按分率が0.5ならば0.5を掛けます。


こんな感じの式になります。

経費=システム購入費用×償却率(耐用年数で決まる)×按分率


経費は他にも、維持費(検査・点検など)や保険なども含めることが出来ます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

太陽光発電の仕組み [太陽光発電の仕組み]

★太陽光発電の仕組み

太陽光発電は、光を電気エネルギーに変えるシステムです。

その要(かなめ)は太陽電池で、太陽電池が光を直接電気に変える変換機の役目を果たします。


太陽電池は、表側と裏側に電気的に性質の異なる2種類(p型とn型)の半導体をくっつけた

構造をしています。

光が当たると、p型側の電極には電子(-)が集まり、反対側n型側は電子が過疎の状態に

なります。

すると、電気的に+と-が発生するような状態となり、電流が流れます。

光が強くなると、より多くの電流が流れます。


ここで流れる電流は、直流電流ですので、一般に使われている交流電流に変えるために

パワーコンディショナが使われます。

パワーコンディショナを通過した電気は、家電製品に使える状態の電気になります。

これが、太陽光発電の仕組み(しくみ)です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

太陽光発電 耐用年数 [太陽光発電 耐用年数]

太陽光発電の耐用年数は一般的に17年と言われています。


けれども、過去において法定耐用年数が9年と判断された事例があります。

その事例では、自動車製造業社が自動車製造の為の電気として太陽光発電

で発電された電気を使用していました。

ですので国税庁は、太陽光発電機を「輸送用機械器具製造業用設備」と判断しました。

それで耐用年数は「輸送用機械器具製造業用設備」の9年が適用されました。


こういったケースがありますので、一概に17年と言えないんですね。

ただ、太陽光発電を通常通り電気を生み出すために使用していれば、

17年と考えて問題ないでしょう。


しかし、先の事例のように状況により耐用年数が変わることがりますので、

税理士さんや、国税庁に問い合わせると確実です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

太陽光発電 買い取り価格 2014 [太陽光発電 買い取り価格 2014]

太陽光発電の買い取り価格は、下落傾向にあります。

その年の価格は、申し込んでから20年間の固定買い取り価格です。(10kW未満は10年間)

ですので、申し込んだ時の価格の違いで、後々膨大な差が出るんですね。

高いうちに申し込んだほうが、お得なのに決まっています。


2012年度から2013年度は、

42円/kWh→37.8円/kWhに引き下げられました。

kWhあたり4円も下がりました。

これが20年続くわけですから差は大きいですね。


では、2014年はどうなるのか?

まだ分かりません。

2012年から2013年が引き下げらたことを考えると、上がることは無いだろうと推測されます。

おそらく2014年は、据え置きか、引き下げの可能性が高いですね。

尚、その年の買い取り価格は、経済産業省より発表されます。


補助金の記事でも書かせてもらいましたが、太陽光発電導入時の国や地方自治体からの

補助金も年々下落や受付終了傾向にあります。


太陽光発電を導入するなら早めのほうがいいかも知れませんね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の5件 | -
-|2013年04月 |2013年05月 ブログトップ
SEO対策テンプレート 太陽光発電HOMEへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。