So-net無料ブログ作成

太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電一括見積もり。保険加入の施工販売店を厳選紹介!




↑ 通販検索
太陽光発電 耐用年数 ブログトップ

太陽光発電 耐用年数 減価償却 [太陽光発電 耐用年数]

太陽光発電の耐用年数は17年。
9年ではなく17年です!

長いんですね。
それだけ持てばいいですが、持たなかったら・・・・。
信頼できる業者さんや、アフターフォローが充実している、保証期間が長い業者さんを選ぶことがますます重要になりますね~。

ただし、この耐用年数ですが、事業者などが何か製品を作るためにその電力として発電を使う場合は、その製品を作るための「機械」と見なすことが出来るので、その場合は9年となるそうです。

ちょっと曖昧な部分なので、わからなかったら税務署に電話しましょう!

ちなみに減価償却費は事業の場合は全額経費に出来ます。
自宅で事業をしていて個人使用目的と併用しているのであれば、按配での計算となります。

ただの個人の場合の減価償却は考える必要ありませんね。

太陽光発電 耐用年数 [太陽光発電 耐用年数]

太陽光発電の耐用年数は一般的に17年と言われています。


けれども、過去において法定耐用年数が9年と判断された事例があります。

その事例では、自動車製造業社が自動車製造の為の電気として太陽光発電

で発電された電気を使用していました。

ですので国税庁は、太陽光発電機を「輸送用機械器具製造業用設備」と判断しました。

それで耐用年数は「輸送用機械器具製造業用設備」の9年が適用されました。


こういったケースがありますので、一概に17年と言えないんですね。

ただ、太陽光発電を通常通り電気を生み出すために使用していれば、

17年と考えて問題ないでしょう。


しかし、先の事例のように状況により耐用年数が変わることがりますので、

税理士さんや、国税庁に問い合わせると確実です。

太陽光発電 耐用年数 ブログトップ
SEO対策テンプレート 太陽光発電HOMEへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。