So-net無料ブログ作成
検索選択

太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電一括見積もり。保険加入の施工販売店を厳選紹介!




↑ 通販検索
太陽光発電量 ブログトップ

太陽光発電量 [太陽光発電量]

太陽光発電量は発電システムの変換効率と日照時間やパネルの設置角度によって

変わっています。

変換効率は太陽光のエネルギーをどの位の割合で電気に変えることができるかという

ことを指します。

一般的な太陽光発電では10~19%とされています。

変換効率が良いシステムほど価格も高くなります。


日照時間は、住んでいる地域の天候や、周りにある建物や山などによって変わってきます。

もちろん、日照時間が大きいほうが太陽光発電量は大きくなります。

太平洋側や内陸の地方ほど日照時間は大きいようです。

都道府県で見ると、山梨が1位です。

年間日照時間
http://todo-ran.com/t/kiji/13657


設置角度とは、ソーラーパネルを設置するときの角度の事です。

これは屋根の角度に依存します。

太陽の高度に対して垂直に近いほうがより多くの光エネルギーを受け取り、発電量も大きい

ということになります。(30%が理想的とされています。)


一般家庭の年間消費電力がおよそ4000~5000kWhと言われています。

電気料金のレシートで確認してみてください。

太陽光発電を購入するときは、年間電気使用量を目安にどんな規模や性能のシステムを

購入するか決めます。

現在日本のソーラーパネルの太陽光発電量は、1kWシステムあたり年間約1000kWhです。

ですので、年間4000kWh発電したければ、4kWのシステムを導入するということになります。

多くの一般家庭で採用されているのは、3~5kWのシステムだそうです。

計算が合いますね。

ちょっと大雑把な計算ですので、詳しいことは専門家に相談するのが一番です。




太陽光発電一括見積り.com

最短2分の簡単入力で、複数業者から見積りが届く。
しかも、住んでいる地域の補助金も確認できる。



太陽光発電量 ブログトップ
SEO対策テンプレート 太陽光発電HOMEへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。